×

CATEGORY

  • 件 (全件)
  • 1

2020年。

怒濤の2020年。
1、2月を計画的に長期休業することにして、長野のスキー場で迎えた2020年。
3月からのバタバタがまさかこんな年末になっても続いているとは、、、

とは言え、ゆっくり作品づくりをする機会に恵まれた一年となったことは間違いない。
「タカタータン」と「姫路レザー」の「あまんじゃこの靴」。
ファーストシューズの誕生は、本当に成果となり、今後推していく予定。
これに関しては、今パンフレット作製に至る。
来年はちょっとでも披露できる場に恵まれるといいな。

 

2020-12-11 08:40:49

コメント(0)

折りたたむ

赤ちゃんの無事な成長を祈る”あまんじゃこのくつ”

こどもの成長を願う・・・ 【あまんじゃこのくつ】
 
「あまんじゃこのくつ」とは、「多可のあまんじゃこ」の伝説をヒントに得た名前のこども靴です。
 
 その昔のこと...大男の“あまんじゃこ”が多可町のあたりにやって来た時、急に天が高くなり、それまで屈んでいたあまんじゃこが背伸びをすることが出来たそうです。喜んだあまんじゃこは、「たかじゃ!!、たかじゃ!!」と言って嬉しそうに飛び跳ねました...
 
 この伝説になぞらえて、伸び伸びと、どこまでも天高く、多くの可能性をもつこどもに育ってほしい。こどもの成長と明るい未来を願うという意味を込めて、「あまんじゃこのくつ」をつくりました。
 
 「あまんじゃこのくつ」に使われているチェック柄の生地には、多可町のオリジナル「タカタータン」を使用しています.また、茶色の部分は姫路産の姫路レザーを選びました.自分の育ったふるさとへの想いから、どちらも兵庫県を代表する産物を使用しました。
 
「イシヅカ靴店」では、1人の職人が全ての行程を手作業で行っております.手に心を込めて、ひとつひとつ丁寧に。イメージをカタチにします。一生の思い出になる一足を。
 
 
 

2020-04-25 15:44:57

コメント(0)

折りたたむ

多可町図書館にて


2016年3月。10年間務めた中学校教諭を辞めました。
英語教師として過ごした日々は、今でも自信の糧であり、貴重な経験だったと今でも思っています.
安定、充実。誰もが「なんで辞めたの??」と聞きたくなるのも分かります.
そんな経緯や想いをお話する機会を頂きました.6月8日(土)多可町図書館にて。


会場には、地元ということもあってかかつてお世話になった方々がづらりと見えました。
緊張よりも、懐かしい。嬉しい。と言う気持ちがありました。
お話は本当に世間話と言える様な、まとまりの無いものになってしまいましたが、
「自分の今」を知って頂けて本当に良かったと思います.
こんな機会を下さった図書館長様にも感謝致します.

地元はこれからも地元。心のふるさとを大事に思う気持ちは変わらないですね。
そういう事を実感した一日でした。
これからも、多可町出身者である1人として、自分なりに輝きたいです。

                                          
 

2019-06-08 22:02:49

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

The Shoe Snob LTD, シューメイキングコンテスト

2019年の挑戦第2弾は・・・

「イギリスでのシューメイキングコンテスト」への参加。


第1弾は石川県の「21世紀美術館への出展」ですが、同時に進めていたのがこの挑戦です。

ハンドソーンで作ることが第一条件。
あとは、ダークブラウンの革を使用する事。
ウングチックでメダリオンのデザインにする事。
26、5センチサイズの紳士靴である事など。


ここに、姫路らしさを盛り込んだデザインを入れ、オリジナリティーを出したいと思います.
つまり、「姫路城」がイメージされた靴にしました!!
まだまだ細部に至るまで完璧とはいきませんが、今の自分の一番であると思います.
スキルアップのため、姫路の革を使って靴をつくりたい!!の気持ちを込めました.

来週あたりに発送して無事に到着してくれるといいですが。

さて、次は何に挑戦しようかな。
 

2019-03-01 18:19:30

コメント(0)

折りたたむ

杉原紙と播州織りの靴。

「杉原紙」と「播州織り」を使った靴づくり。


ついに完成です。

21世紀美術館に出展する私の靴は、「杉原紙」という和紙を使った靴。
さらに、「播州織り」という先物染めの織物を使った靴。


杉原紙の和紙の歴史は、1300年とされています。
私の故郷の名産で作った靴。
やはり紙なので随分と苦戦を強いられましたが、、、
是非見て頂きたい一足です。


さらに、地場産業として栄えた「播州織り」を使った靴。
キッズデザインのものと、紳士デザインの2足を作りました.
チェックやデニム柄のものを、可愛らしく、カッコよく使いました。
こちらも是非ともご覧頂きたいです。


期間:2019年3月5日(火)〜3月10日(日)
場所:21世紀美術館(石川県金沢市)



*作品は展覧会後にこちらのHPに掲載致します.

2019-02-14 14:47:56

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

CONTENTS

CATEGORY